Featured Posts

富士の麓より Rss

ボタン電池の種類の多さ

Posted on : 26-07-2014 | By : hujio | In : 未分類

0

信号で止まり、なにげに腕時計を見てみると、とんでもない時間を指していました。

どうやら時計のボタン電池がなくなったようで、買い物のついでに、以前に買った覚える百円ショップにいってみたのですが見当ませんでした。
更に、ドラッグストアに回り探してみたのですが、探していたボタン電池とは大きさやボルトはあっていても、厚みが違っていたりと、結局、目的のボタン電池は見つかりませんでした。
しかたなく、今はにあったソーラデジタルの腕時計を使っています。

又、ボタン電池は互換品もあるようで、ネットで調べてみることにしました。
ボタン電池の規格には、基本的には直径と厚み、それと電圧ということになるのでしょうが、その種類は66種類あるそうですが、一般的にな物としては10種類程度であるといいます。
携帯ゲームや時計、懐中電灯やらとコンパクト性を求める製品には必ずと言っていいほど使われているものです。

しかし、現在の乾電池でもメインは4種類、しかし、ボタン電池の規格がこうも多すぎると、もう少し、規格の統一というものができないものかと思わされます。
基本的に、ボルト毎に大中小など3~5種類程であればこれ程の種類にもならなかったでしょう。

しかし、多種のボタン電池を搭載した製品はすでに販売されており、そのサイズのボタン電池が無くなる事はその製品が使えないことになります。
こうなると、新たな製品側で規格を絞ってゆくしか無いのかもしれません。

先の腕時計ですが、電器店ではボタン電池は高かい事もあり、他の百円均一店をまわってみるか、無ければ別の腕時計にしてしまおうかと思っています。